新しいうつである非定型うつとは【女性がなりやすい】

どこを受診するか

男性医師

ストレスを感じない工夫

非定型うつ病を始めとする精神障害の治療は、主に精神科で行われます。メンタルクリニックやこころのクリニックなど、近年は優しい響きの診療所も増え、受診しやすい雰囲気になっています。根治を目指すのではなく、症状をコントロールしながら過ごしていく病気なので、医療機関とは長い付き合いになるでしょう。通院のしやすさは大切なポイントとなりますが、治療方針は機関によって様々です。自分に合った方針で進めてくれるところを選びたいところです。非定型うつ病は従来のうつ病に使われる薬が必ず効くわけではなく、様々な薬を組み合わせて使っていきます。まずは不安抑うつ発作を抑制することが大切ですが、症状は個人差があり、薬が必須とは限りません。患者の現状を診て正しい治療を行ってくれるか、患者に治療の選択権があるのか、適切に精神療法を行えるのかといったことを初診の際にチェックしてみてください。また、薬物療法と精神療法を行って症状が治まった後、デイケアなどに通える環境を提供してくれるところが理想的です。非定型うつ病に限った話ではありませんが、精神障害者の多くがストレス過多になって発症しています。ですが、そもそもストレスは悪いものというわけではありません。生物はストレスがない環境に置かれると早く死んでしまうという話もあるくらいなので、必要なものだと考えられます。ですから、精神障害の治療で大切なのは、ストレスに押しつぶされないような精神を保つ工夫です。物事は常に表裏一体で、ある人にとって良いことも、ある人にとっては悪いことになりえます。そのため、もし物事に対して悪いことだと感じても、良いことだと感じるよう工夫できればストレスを緩和できます。始めは難しいと感じるかもしれませんが、心配は要りません。非定型うつ病で行われている精神療法の認知行動療法は、マイナス思考をプラスに転換する練習を行うもので、続けていくうちに効果が現れてきます。個人差はあるものの、ほとんどの人に効果が出ると考えられている回数は16回です。さらに自分の気持ちも客観視できるようになるため、治療前よりも精神的に楽に生活していけるかもしれません。