新しいうつである非定型うつとは【女性がなりやすい】

心の病に気づくこと

ハートと聴診器

診断と治療方法

うつ病と聞けば、どんな症状かなんとなく想像がつく方も多いかもしれません。では、非定型うつ病はどうでしょうか。従来のうつ病とあまり変わりないのではという印象を持たれるかもしれませんが、症状が異なる別の心の病なのです。非定型うつ病の特徴として、楽しいことに対しては楽しいと感じ気分が上がるという特徴があります。これは、ほぼ全てのことに対して関心が持てなくなり、気分が落ちてしまう従来のうつ病の特徴と異なる症状です。この症状の特徴から、非定型うつ病は見逃されやすく、性格の問題と判断されてしまうことも多いようです。自分で異変を感じていても、気分が上がる時があると、自分は病気ではないと決めつけてしまうこともあるでしょう。また、非定型うつ病は、20歳代から30歳代の女性に多く、過食や長時間の睡眠も症状の特徴です。過食や過眠も、従来のうつ病の症状である不眠や食欲低下とは反対の症状なので、診断がされにくい原因のひとつです。このように、うつ病はひとつではなく症状も異なります。気持ちの変化を甘えやワガママだと決めつけずに、病気も疑ってみることで早い回復につながるのではないでしょうか。では、非定型うつ病を疑ったときどう対処したらよいのでしょうか。何科を受診したらよいのかなど不安に思うもことも多いかもしれません。受診を考えるタイミングは、過食や過眠、気分の浮き沈みなどが2週間以上続くようなら、非定型うつ病を疑った方がよいとされています。受診する科は、精神科または精神神経科、もしくは心療内科で、非定型うつ病と診断された場合には、主に薬物療法と精神療法で治療を行います。なんだか気分が重い、いくら寝ても寝足りない、という症状で病院に行く決断はなかなかできないかもしれません。もちろんすべて非定型うつ病と診断されるというわけではないですが、医師の診察を受けることで症状が改善し、症状が出る前の生活に戻ることにつながるでしょう。違うと診断されれば、その安心感が前に進むきっかけになるかもしれません。甘えやワガママ、性格の問題だと判断されてしまうことも多い非定型うつ病。自己診断で終わりにせず、しっかり医師に診てもらうことが大切だといえるのではないでしょうか。