新しいうつである非定型うつとは【女性が患いやすい】

隠れたうつ病を見つける

男女

気分の浮き沈みに合わせる

これまで「新型うつ病」と呼ばれてきた新しいタイプのうつ病は、最近では「非定型うつ病」という名称で統一されるようになってきました。これは従来のうつ病とは異なって、常にうつ状態や無気力状態にあるわけではなく、苦手な場面や場所に限って症状が発症することが特徴です。逆に、お気に入りの場所や趣味の時間は調子が良いため、病気ではなく気分屋で怠けているだけと捉われることもあります。非定型うつ病の正確な診断は、心療内科や精神科で診てもらうことが必須ですが、その際は普段の様子を把握している家族などが同行すると最適です。非定型うつ病は、「周囲の人に良く見られたい」や「馬鹿にされたくない」という意識を持った30代の女性に多いと言われています。そのため、極端に人の目を気にするような行動を取ったり、自分への評価を気にしたりするような行動を取ったときは、家族がしっかりと医師に様子を伝える必要があります。診察では、家族から見た患者の普段の行動を記録したメモを用意したり、家族が異常だと感じた行動を詳細に伝えたりすることが大切です。また、うつ状態だけでなく、調子が良くてハイテンションや躁状態になっているときも様子を観察して医師に伝えることが大切です。従来のうつ病でも非定型うつ病であっても、治療方法はカウンセリングと薬物治療の二本柱が中心となります。まずは、心療内科や精神科の専門医と十分なカウンセリングを行い、「何が原因で病気を発症しているのか」や「病気の進行度はどれくらいか」を判断することが大切です。非定型うつ病は、甘いものを過度に摂りすぎるという特徴もあるため、糖尿病などの成人病にも注意することが大切です。また、ちょっとしたことで自分が攻撃されたと感じやすい性格もあるため、言動には十分に注意して、原因や気持ちを聞き出すことが重要です。薬物治療では、抗うつ薬や精神安定薬を上手に使用して、心を安定させ、平穏に日常生活が送れるように促していきます。従来のうつ病と異なり、気分の浮き沈みが激しく、うつ状態と調子が良いときの二つの状態があるため、その都度、薬を調整するところが難所です。そのため、定期的に病院へ通い、どんなときに気分が落ち込むのかを家族と一緒に把握して、医師に今の状態を詳細に伝える必要があります。気分の浮き沈みをなくして、心を一定の正常な状態に保つことで、細かいことを気にすることなく平穏な毎日を送れると言えます。