新しいうつである非定型うつとは【女性がなりやすい】

治療を始めよう

女医

種類を知ろう

非定型うつにかかる病院の医療費は、他の精神疾患と大きな変わりはありません。最初の一回だけに初診料、次回からは再診料、それと処方薬料金とカウンセリング費用が大きな内訳になります。初診料は、病院によりますが保険適用で3000〜6000円程度だと考えていいでしょう。少し大きな金額になりますが、初診料は一度だけしかかかりません。初回のみ、カルテを作成する都合上、どうしても費用は高くなります。次回からは非定型うつに対する投薬治療の計画を立て、その通りに薬を処方するのが医師の役目となります。そのため、再診料は医師が必要な分だけを請求します。2000円〜4000円程度です。処方薬にかかる料金は、内容によって変わってきます。現在、医師が処方できる薬の種類は抗うつ剤や内科的な薬を含めて、一回の処方に対し6種類までと決まっています。その中で、薬価と呼ばれる薬そのものの値段と、処方量によって料金が上下します。高くて12000ほどです。カウンセリングにかかる相場は、だいたい1時間で3000〜6000円です。専門の心理士が行うカウンセリングなのか、ピアカウンセラーとのカウンセリングなのかで相場も変わってきます。非定型うつというのは、「うつ病」という大きなくくりの中のひとつにすぎません。また、「うつ病」というのは俗称で、正しくは「抑うつ障害群」といいます。抑うつ障害群の中には大うつ病性障害、メランコリア型、周期型、季節型など様々なものがあります。有名なのは季節型です。一定の季節になると抑うつ症状が出てしまうというのが季節型の特徴です。たとえば、新しいものに溢れる春になると、その新しいものたちに嫌な感情を抱いてしまい抑うつ症状が出てしまうというものをいいます。もっと大雑把に見ると、気分変調症や月経前不快気分障害も抑うつ障害群の中に入ります。また、非定型うつと併発しやすい病気のひとつとして境界性パーソナリティ障害というものがあります。俗称でボーダーラインともいいます。境界性パーソナリティ障害は若年期・青年期に多く見られる障害のひとつで、抑うつ症状のほかに気分の変調などがあります。パーソナリティ障害の中にも、境界性以外に妄想性、スキゾイド、統合失調症型、反社会性など、多くの分類があります。